埋没毛について

ムダ毛処理を自分で行ったときになりやすいといわれている「埋没毛」、その原因は、やはり自分自身でムダ毛処理を行ったことによるものが殆どだそうです。まず、埋没毛がどのような状態かということですが、お肌表面の下に毛が埋まっている状態のことです。毛抜きでムダ毛を抜いたりカミソリでムダ毛処理をしたときにお肌表面負担をかけ傷つけてしまうと、毛穴をふさいでしまうことがあります。すると、ムダ毛が毛穴から発毛することができずに皮膚の下で成長してしまいます。これが、埋没毛の原因です。埋没毛になりやすいところは、自分自身でムダ毛処理をよく行う箇所で、ビキニラインのVゾーンやワキなどがあります。埋没毛をそのままにしておくとどうなるかというと、もしムダ毛が細かった場合は自然に排出されて消えていくケースが多いです。ですが、埋没毛になりやすいのは、どちらかというと太めでコシの強い毛です。もしも何年もの間埋没毛をそのままにしておくと、ただお肌を見るとその部分に毛が生えているようにみえてしまう場合があります。皮膚表面の下に毛が見えると、比較的浅いところに生えているように見えて、皮膚を掘り下げて脱毛したくなることでしょう。しかし、無理に皮膚から毛を出そうとするとさらに皮膚を傷つけることになるので、今度は色素沈着を起こして脱毛部位が黒ずんでみえてしまうことにつながります。手軽でお金がかからないからと自分でムダ毛処理をしている方、後々処理した後に埋没毛を起こしてしまう可能性がありますので、ムダ毛処理をするときには慎重に行ったほうが良いですし、色素沈着を防ぎたいなら脱毛方法の選択を誤らないほうが良いでしょう。