毛嚢炎って何?どうしたらよいの?

「毛嚢炎」ってご存知ですか?脱毛処理を行った後、毛穴部分に膿がたまりニキビ状になっているのを見たことがありませんか?そして、しばらくほおっておいたら、あるいはその膿を取り除いてしばらくするときれいになくなっていたということはないでしょうか。それが毛嚢炎です。男性がカミソリで髭を剃った後にもなりやすいですよね。どうして毛嚢炎になるのでしょうか?例えば、毛抜きやカミソリが不潔な状態だったり、カミソリで深く毛を剃りすぎたり毛抜きで深く脱毛したときに起こりやすいのですが、毛穴から細菌が侵入、毛穴の中やその周辺が炎症を起こすことで毛嚢炎は起こります。一般的に毛嚢炎は、脱毛、ムダ毛処理をしてから3〜4日後に起こります。また、炎症が起こるといっても比較的軽めで済むので、一般的にはそのままにしておいてもきれいに治ります。しかし、稀に赤みや腫れ、痛みを伴うケースもあり、このように悪化してしまった場合は皮膚科の医師を受診することをおススメします。毛嚢炎は、酷くなるとその箇所が広がっていく危険性があるので、医師の診察を受けて軟膏を塗ったりのみ薬をのむなどの対処をすることで、広がらずに済みます。また、毛嚢炎がひどくなった箇所では、毛嚢炎の痕が残ることがあります。特に痛みを伴う場合はきちんとした対処、すなわち受診するなどの対応をすることで痕も残りにくくなります。もし毛嚢炎を見つけたとき、自分自身でできる対応はないものでしょうか。それは、炎症部分を消毒用脱脂綿などで消毒して清潔を保つよう心掛けてください。また、それと同時に赤身や痛みがでないか、気を付けて観察してください。もし、毛嚢炎が複数個できてしまって気になる、目立つということであれば、医師を受診してきちんとした対応ができるよう、薬を処方してもらいましょう。